外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、金融政策を話し合う連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、事実上のゼロ金利政策と、資産を大量に購入する「量的緩和第3弾」について現状維持を決めた。米国債などの購入規模も変えなかった。決定は賛成多数。FRBは終了後に声明を公表。昨年10~12月期の実質成長率がマイナスに転じたのを受けて「経済活動は一時的に足踏みした」と景気の現状認識を下方修正した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信