外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ケリー米国務長官は10日、下院外交委員会の公聴会でイラン核問題について証言した。イランに対して限定的なウラン濃縮活動を容認する余地を残す一方、プルトニウム製造につながる重水炉の保有については将来的にも認めない考えを表明した。

共同通信