外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】パネッタ米国防長官は6日の記者会見で、最新の米側の情報分析に基づき、シリアのアサド政権が化学兵器の使用を検討している可能性が高いとの見方を示し「深刻な懸念」を表明した。アサド政権が化学兵器をシリア国民に対して使うことは「一線を越える」とあらためて強調。アサド政権に対し「世界中が注視している。恐ろしい間違いを犯せば(相応の)結果を伴うことになる」と警告した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信