外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】小野寺防衛相は日本時間30日未明、米国防総省でヘーゲル国防長官と会談した。長官は会談後の記者会見で、朝鮮半島情勢の緊迫化を受け「『核の傘』を含む米国の抑止力による日本防衛に揺るぎはない」と強調。北朝鮮の弾道ミサイル発射の動きに「最も明白な脅威は北朝鮮の挑発的行動」と批判した。会談で米側は、新型輸送機オスプレイの沖縄への追加配備の今夏の実施方針を説明。小野寺氏は了承の意向を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信