外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米陸軍は29日、記録的に増加する兵士の自殺に関する調査報告書を発表した。背景にアフガニスタンとイラクでの9年間の戦闘による兵士の疲弊や部隊内の規律の乱れがあり、多くの司令官が戦闘力維持のため問題を先送りした可能性を指摘した。09年度の自殺者は過去最悪の160人。自殺や事故死が戦闘による死者よりも多く「われわれ自身が敵よりも危険な存在となった」と記述した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信