ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米韓の対北朝鮮政策「矛盾ない」

 【ソウル共同】韓国訪問中の米国のデービース北朝鮮担当特別代表は14日、強い抑止力を維持しつつ南北の緊張緩和を模索するとして、韓国の朴槿恵政権が掲げる「朝鮮半島信頼プロセス」とオバマ米政権の対北朝鮮政策は「全く矛盾がない」と強調した。ソウルの外務省で林聖男平和交渉本部長と会談後、記者団に述べた。オバマ政権は北朝鮮との公式協議に応じるには、北朝鮮による非核化に向けた確実な行動が必要との立場を維持。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。