外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】北朝鮮による事実上の長距離弾道ミサイル発射予告に反発を強める韓国と米国が6日までに、国連安全保障理事会を通じた制裁とは別に、金融や船舶の寄港を対象にした対北朝鮮制裁の検討に入った。韓国政府高官が明らかにした。発射を強行すれば、米国が核開発疑惑を抱えるイランに科す金融制裁と類似の制裁を科すことを検討しているもようだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信