外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省のジョセフ・ユン北朝鮮担当特別代表が、北朝鮮に拘束されていた米バージニア大の学生オットー・ワームビア氏(22)の解放を求め、12日に訪朝していたことが13日、分かった。米主要メディアが報じた。今年1月のトランプ政権発足後、政府高官の訪朝は初めて。任務は解放交渉に絞られていたといい、核・ミサイル問題を巡る対話につながるかは不透明だ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信