外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米ホワイトハウス当局者は9日、核兵器開発疑惑が深まるイランへの国際包囲網形成で、中国が「建設的な役割」を果たしていると評価し、人民元問題など経済面では大きな相違を抱えながらも、朝鮮半島情勢やグローバルな課題をめぐり中国との協力を継続する姿勢を強調した。当局者は米欧とロシア、中国の6カ国とイランが4月にも再開する見通しの核協議が、オバマ政権にとって当面の主要課題になると表明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信