外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は10日、金融政策を決める連邦公開市場委員会を開き、保有する住宅ローン担保証券などについて、満期が到来すれば元金を再投資して長期国債を購入する方針を決めた。中・長期の金利低下を促し経済を下支えするのが狙い。FRBは、事実上の追加金融緩和に踏み切った。発表した声明は「生産と雇用の回復ペースはここ数カ月で減速した」と景気判断を下方修正。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信