外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同=春木和弘】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は22日、上下両院経済合同委員会で証言し、現時点で金融政策を引き締めに転じることは「景気回復の遅れや失速を招く著しいリスクがある」と述べ、現行の緩和策を当面続ける姿勢を強調した。雇用情勢改善を背景に金融市場ではFRBが近く資産購入のペースを落とし、昨年9月に導入した「量的緩和第3弾」を年内にも解除するとの観測が広がっている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信