外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は20日、金融の量的緩和策で膨らんだ保有資産の縮小を10月から始めることを決めた。量的緩和は2008年に起きた世界的な金融危機リーマン・ショックへの対応策で、今回の決定により危機対応からの完全脱却に踏み出した。景気拡大に伴う措置。リーマン後の世界的な大規模緩和は危機から9年を経て、米国が先陣を切る形で転機を迎えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信