外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)は27日、利上げを見送り、主要政策金利を年0・25~0・5%に据え置いた。声明で「経済活動は減速したようだ」と指摘し、景気判断を下方修正した。海外経済の不振が、緩やかに拡大していた米景気に悪影響を及ぼしているとの認識を示し、6月の利上げ実施は示唆しなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信