外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は19日の記者会見で、米国債などを大量に買い入れる現在の量的緩和について、経済が予測通り改善すれば「年後半に購入ペースを落とすのが適切だろう」との見方を示した。ただ量的緩和の終了後も、事実上のゼロ金利政策を「かなりの期間、維持するだろう」と発言。金融緩和の「出口」が近いと動揺する金融市場の安定化を狙った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信