ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米FRB、来年追加資産購入も

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)が14日公表した10月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事録によると、長期金利の低下を促す金融緩和強化策が年末に期限を迎えるとして「来年は追加の資産購入が適切になるだろう」と指摘する出席者が数多くいたことが分かった。9月に導入した「量的緩和第3弾」を拡充し、米国債などを買い増すことで雇用情勢の改善を加速するのが狙い。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。