外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、金融政策を話し合う連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、失業率が安定的に6・5%を下回るまで、現在の事実上のゼロ金利政策を続けるとする政策変更の基準導入を決めた。年末で終了する現行の金融緩和強化策に代わって、長期国債を月額450億ドル(約3兆7千億円)買い増して量的緩和を拡充することも打ち出した。購入に明確な期限は設けなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信