外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【サンディエゴ共同】カーター米国防長官は29日、オバマ政権の「アジア重視政策」強化について演説した。中国の海洋進出や北朝鮮による核・ミサイル開発を踏まえ、アジア太平洋地域で軍備増強すると表明、新型戦略爆撃機B21の開発生産に5年で120億ドル(約1兆2千億円)を投じるなどの具体策を示した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信