外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国防総省は26日、アジア太平洋地域重視を打ち出した新国防戦略を踏まえ、その具体的指針を発表した。現有の空母11隻体制は維持し、アジア太平洋での海軍や海兵隊の展開能力を確保する方針を強調。さらにシンガポールへの新型艦配備や長距離攻撃能力向上などを盛り込み、軍備増強を続ける中国への対抗色を鮮明にした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信