外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は20日、米政府高官の話として、イランの核問題をめぐり米国とイランが2国間による直接協議を始めることで合意したと報じた。報道に対し、米国家安全保障会議(NSC)のビーター報道官は合意を否定する声明を発表したが、「2国間で対話する用意はある」と指摘。イランの核問題解決に向け、国連安全保障理事会常任理事国とドイツの6カ国で「協力を続ける」とした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信