外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国務省は13日、ロシアが建設を支援するイラン初のブシェール原発稼働について「同原発は民生用に設計されており、われわれは核拡散の危険とはみなしていない」とのコメントを発表、容認の姿勢を示した。米国はイランが核問題で姿勢を変えない限り、同原発を稼働させるべきではないと主張してきたが、立場を一転させた。ロシアが国連安保理で米国に協力したことから、米側も譲歩した形。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

共同通信