【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は13日、ボルトン米大統領補佐官が統括する国家安全保障会議(NSC)が昨年、対イラン軍事攻撃の可能性を検討するよう国防総省に要請していたと伝えた。複数の米当局者の話としている。同省が実際にホワイトハウスに具体策を提示したかどうかは不明。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。