外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米政府は27日までに、新型天然ガス「シェールガス」など火力発電の燃料となる液化天然ガス(LNG)の輸出解禁に向けて最終調整に入った。日米外交筋によると、米エネルギー省が4月にも総量規制などの条件付きで解禁の判断を示し、日本企業などが絡む輸出事業の審査に着手。今夏までに解禁後初の許可が出る可能性があり、原発停止で輸入が増えている日本には朗報となりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信