外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米政権はシリアのアサド政権が化学兵器を使い多数の市民を殺害した根拠とする報告書を8月30日に公表し、軍事介入に向けた国内手順をほぼ終了させた。議会との政治的な最終調整が終われば、武力攻撃が可能となり、オバマ大統領の決断は秒読み態勢に入った。化学兵器使用疑惑の調査を行った国連調査団は31日に出国。調査団出国後はいつでも攻撃が可能との見方もある。

共同通信