外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ケリー米国務長官は3日、トルコの反政府デモについて「警察による過度の実力行使」に懸念を表明し、政府とデモ参加者の双方に自制を求めた。カーニー大統領報道官も「深刻な懸念」を示し、国民の権利を尊重しながら沈静化を図るようエルドアン政権に求めた。トルコは米国の「非常に重要な同盟国」(カーニー氏)であり、隣国シリアの安定化にも協力が欠かせない。オバマ政権は今後も事態を注視する考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信