外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【リオデジャネイロ共同】ブラジル有力紙グロボは7日、米当局に訴追された米中央情報局の元職員スノーデン容疑者から得た情報として、米国家安全保障局がブラジル国内で膨大な量の電話や電子メールを傍受していたことが判明したと伝えた。今年1月だけで23億件の情報が収集されたとしている。同紙は「中南米の国でブラジルが最も傍聴件数が多い」と指摘しており、ブラジル政府は同日「重大な懸念がある」との声明を発表した。

共同通信