ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米、ロシア企業に制裁へ

 【ワシントン共同】米国のヘイリー国連大使は15日、米メディアのインタビューで、シリアのアサド政権による化学兵器使用を阻止しなかった責任があるとして、後ろ盾のロシアに対する米独自の制裁を16日に発表する方針を明らかにした。対象には、アサド政権に関係したり化学兵器に関連したりする装備を取引するロシア企業が含まれる見通し。化学兵器使用疑惑を巡る制裁発動は初めて。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。