外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米国が北朝鮮に対する制裁強化に向け、国連安全保障理事会決議に基づく資産凍結の追加対象として、核・ミサイル開発に関わる人物のリストを中国側に提示していたことが分かった。朝鮮人民軍の高官らとみられる。外交筋が10日、明らかにした。安保理は9日の北朝鮮による5回目の核実験を受けた緊急会合で「適切な措置」を取るための協議を直ちに開始することで合意。米国は中国との調整を本格化させる。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信