外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米中両政府は11日、新たに設けた両国の協議の枠組み「包括的経済対話」で、これまでに合意に至った項目を公表した。中国が米国産牛肉の輸入を認めることや米国が液化天然ガス(LNG)の輸出先として中国を公平に扱うことなど計10項目を列挙した。米中の通商関係を巡り具体的な進展が出始めたことで、トランプ政権は日本にも目に見える成果を求める圧力を強めそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信