ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米、中国指導部に自制要求

 【ワシントン共同】パネッタ米国防長官は6日、尖閣諸島周辺で中国海軍艦船が海上自衛隊の護衛艦に射撃管制用レーダーを照射したことに関連し、中国の習近平指導部に対し「領有権主張の果てに他国に脅威を与えるようなことはあってはならない」と述べ、自制を要求した。また地域の安全保障のため「米国、日本、韓国は必要な全てのことをやる。中国がこれを認識することが重要だ」とけん制した。ワシントンでの講演で質疑に答えた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。