外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中両国間の対立の沈静化を図るため、オバマ米政権がアーミテージ元国務副長官らを中心とする訪問団を週明けに日中両国へ非公式に派遣し、冷静な対応を求めていく方針であることが19日、分かった。関係者が明らかにした。訪問団は22~23日に訪日し野田佳彦首相と会談、中国との関係改善を促す。訪問団はその後、北京で戴秉国国務委員らと会談する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信