外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米原子力規制委員会(NRC)は9日、原発の制御室で運転員がインターネットの娯楽サイトを閲覧していたとして、米ルイジアナ州のリバーベンド原発を運営する電力会社に14万ドル(約1080万円)の罰金を通告したと発表した。インターネット閲覧を理由にNRCが罰則を科すのは異例という。NRCによると、運転員は原子炉の状態監視など運転に専念することが、規則によって義務付けられている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信