外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦政府の人事管理局がサイバー攻撃を受けて個人情報が大量に流出した事件で、人事管理局は9日、同局のコンピューターシステムから他にも2150万人分の情報が盗まれていたとする調査結果を発表した。複数の米主要メディアは議員や政府当局者の話として、中国のハッカーによる犯行とみられると報じた。米政府は公式には犯人像に言及していない。

共同通信