ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米、嘉手納にもオスプレイ配備

 米政府が2年後をめどに、沖縄県の米空軍嘉手納基地(同県嘉手納町など)に新型輸送機オスプレイの配備を始める方針を固め、日本側に伝達していたことが8日分かった。日米関係筋が明らかにした。同基地所属の空軍特殊部隊向けに、数年かけて10機程度の配備を完了させる計画とみられる。実現すれば、計30機以上が配備されることになり、沖縄はアジア太平洋地域で最大のオスプレイ拠点となる。住民らが反発は必至だ。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。