外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米下院外交委員会は13日、国連が米政府の求めに応じて改革を進めなければ、現在22%を負担している国連分担金の拠出を半減させるとの法案を可決した。国連の運営効率化を求めると同時に、小国の発言力を抑え、イランや北朝鮮などによる米国やイスラエルへの批判を封じる狙いもある。成立の可能性は低いが、米政権内や国連で論争が広がりそうだ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信