外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長は17日、下院金融委員会で定例の議会証言に臨んだ。米国債などを大量に購入する量的緩和について、経済の改善が予想通り続けば「年後半に購入規模の縮小に着手するのが適切だ」とあらためて表明した。購入縮小に踏み切った場合は、量的緩和を来年半ばごろに終えるとの見通しを示した。

共同通信