外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米国の財政戦略を話し合う議会両院の超党派委員会は10日、歳出の強制削減を小幅に緩和することなどを決め、現会計年度を含む2年分の予算の大枠で合意した。来年1月15日の暫定予算の期限切れで連邦政府機関が再び閉鎖される事態は回避される見通し。

共同通信