外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ケリー米国務長官は31日、ヘイグ英外相らと出席したビデオ会議で、米国家安全保障局による情報収集活動について「一部で不適切な行き過ぎがあった」と認め、改善する考えを強調した。欧米メディアによると、米政府高官としてはこれまでで最も踏み込んで非を認めた発言とみられる。

共同通信