外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】クラッパー米国家情報長官は29日、下院情報特別委員会の公聴会で、外国首脳を対象にした通信傍受を含む情報収集活動の正当性を主張した。同時に、同盟国の情報機関が米指導者に対するスパイ行為を行っているとの認識も示した。

共同通信