外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米政府は13日、地球上のどこであっても1時間以内にピンポイントで攻撃できる通常兵器「通常型即応グローバルストライク」の研究開発に、2011会計年度(10年10月~11年9月)から5年間で10億ドル(約834億円)を「大幅に上回る」額を投じる計画だと明らかにした。核軍縮を推進しつつ、通常兵器増強による軍事的優位と抑止力維持を図るオバマ政権の戦略が鮮明になった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信