外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米通商代表部のライトハイザー代表は21日の議会証言で、米国の貿易赤字削減のために「日本は牛肉などの分野の通商交渉で一方的に譲歩すべきだ」と述べた。日本が米国産牛肉に課している38・5%の関税の大幅引き下げが念頭にあるとみられ、日本が見返りを求めずに譲歩することが赤字を減らす「簡単な方法」と指摘した。

共同通信