外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ウィーン共同】国際原子力機関(IAEA)主導で核燃料の低濃縮ウランを管理、供給する「核燃料バンク」の設立決議案を、米国が12月のIAEA理事会に提出することが18日分かった。IAEA外交筋が明らかに。採択される公算が大きい。核兵器開発につながりかねないウラン濃縮技術獲得に向けた各国の動きを抑え、核拡散を防ぐのが狙い。低濃縮ウランを国際機関の管理下に置く初の制度が実現に向け動きだす。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信