外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】オバマ米大統領はホワイトハウスで30日、大敗を喫した中間選挙後初めて与野党の議会指導部と会合を開き、対立が続く減税延長や、米ロの核軍縮条約「新START」批准問題の協議を始めた。来年1月以降の新議会で下院の少数派に転落する民主党を率いるオバマ氏は年内の合意成立に強い意欲を示したが、難航する公算が大きい。個人所得減税の延長をめぐり、野党共和党は高所得層も対象とすべきだと主張。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信