外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日米両政府が核・ミサイル開発を進める北朝鮮への監視活動を強化するため、米軍の最新鋭無人偵察機グローバルホークの在日米軍基地への配備を検討していることが6日、分かった。米空軍三沢基地(青森県三沢市)などが候補に挙がっている。日米関係筋が明らかにした。米軍は現在、グアムのアンダーセン空軍基地にグローバルホーク3機を配備。西太平洋での中国海軍の動向監視などに活用している。(共同)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信