ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

米、衛星センサーで迎撃支援

 【ワシントン共同】トランプ米政権は、日本時間31日の安倍晋三首相との電話会談を受け、2回目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を成功させた北朝鮮に対抗するため弾道ミサイル防衛(BMD)体制のさらなる強化に乗り出す。ミサイルを追尾し迎撃するまでの作戦を支援する高性能センサーを衛星に搭載し、宇宙空間に実戦配備することが検討されている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。