外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】米中西部オハイオ州にある個人所有の動物園で18日、所有者(62)がおりを開放したまま自殺、ライオンや虎などの猛獣を含む56匹の動物が逃走した。地元警察が厳戒態勢を敷くとともに、19日午後までに絶滅の危機にひんするベンガルトラ18匹など計49匹を射殺、付近住民に被害はなかった。米メディアが伝えた。米動物専門家は「ノアの箱舟が難破したようだ」と指摘した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信