外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】盗聴行為などの是非を判断する米国の秘密裁判所「外国情報監視裁判所」は19日、政府の申請に基づき、通信会社に対して顧客の通話履歴を一括して提供するよう命じる令状を更新した。米情報機関を統括するクラッパー国家情報長官が声明を出し、発表した。本来は機密の令状更新を公表するのは極めて異例で、国家安全保障局(NSA)による不透明な個人情報収集活動への批判を受けた措置。

共同通信