外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は30日、米国債などの大量購入で市場に資金を供給する量的金融緩和政策の縮小を見送った。金融政策を決める連邦公開市場委員会(FOMC)の終了後、緩和縮小には「さらなる根拠を待つべきだ」とする声明を公表し、景気や雇用の改善を見極める必要があると表明した。

共同通信