外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は24日、金融政策を協議する連邦公開市場委員会(FOMC)で、事実上のゼロ金利政策について「少なくとも2015年半ばまで」続ける方針を維持することを賛成多数で決めた。前回9月の会合で導入した「量的緩和第3弾」についても、住宅ローン担保証券(MBS)を月額400億ドル(約3兆2千億円)追加購入するペースを継続。今回も期限を設けなかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信