外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】米連邦準備制度理事会(FRB)は10日、大手銀行に対し自己資金によるリスクの高い取引を禁じる「ボルカー・ルール」を決定した。リーマン・ショックを教訓にした金融危機の再発防止を目的とする金融規制改革法の柱で、2015年7月から適用する。焦点となっていた日本国債など外債取引は、日欧当局の反発を受けて事実上、規制から外れた。

共同通信