外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】AP通信によると、米厚生省は6日、死者からの提供による手足や顔の移植を普及させるため、全米レベルで移植をあっせんする仕組みを作ることを決めた。米国にはアフガニスタンなどの戦争で負傷し、こうした移植を求める人が千人以上いるとされ、負傷者にとっては朗報。同省案では、心臓や腎臓の移植をあっせんしてきた米国の臓器移植ネットワークが、新たに顔なども対象に加えて、コーディネートを担う。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信